プロ野球の速報はサイトで気軽にチェック|気になるスポーツの世界

カロリーを減らそう

摂取カロリーを減らすことができる薬

痩せる薬とは、服用することで摂取カロリーを抑えることのできる薬のことです。人間は、基礎代謝や運動などによりカロリーを消費しています。その消費カロリーを上回る量のカロリーを食事によって摂取すると、それは中性脂肪として体内に蓄えられます。蓄積される中性脂肪が多くなればなるほど、体は太っていきます。したがって、肥満を防止あるいは体を細くするためには、消費カロリーを増やすか、摂取カロリーを減らすことが大事と言えます。消費カロリーは、運動によるダイエットで増やすことができます。また、摂取カロリーは食事制限によるダイエットで減らすことができます。しかしどちらのダイエットも簡単なことはなく、失敗してしまう人も多くいます。そのような人でも、痩せる薬を飲めば、それだけで摂取カロリーを大幅に減らし、ダイエットを成功させることが可能になるのです。

痩せる薬の具体的な作用

痩せる薬にはいくつかの種類があるのですが、特に人気が高いのは、脂質の吸収を阻害する薬と、食欲を減退させる薬です。前者は、揚げ物やスイーツ類など脂質の多い食品を控えることが苦手な人に適した薬です。服用することで、食品に含まれている脂質の30%ほどが体内に吸収されなくなります。つまり脂質の多い食品を食べても、カロリーオーバーにはなりにくくなるわけです。後者は、脂質に限らず食事の量や回数が多い人に適した薬です。服用すると、満腹中枢が刺激されるため空腹になりにくくなるのです。すると必然的に、食事の量や回数が減っていきます。どちらの痩せる薬も、飲むだけなので、体力や時間がなくて自力でのダイエットができないという人から人気があります。そしてどちらも、肥満外来を受診して医師に服用の必要性が認められれば、処方してもらえます。